スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink | スポンサー広告 | page top

450円の冒険の話

買っといて言うのもなんだけど、ドルヲタで実際に買うヤツはそんなにいないんじゃないかな。買いやすい本じゃないし。僕は慣れてるから気にも留めないけど。


an・an (アン・アン) 2014年 2/5号 [雑誌]

特集は『密かにアイドル研究!』。どういう狙いなんだろ。バックナンバー眺めても、そんなに広い範囲をカバーする雑誌じゃない気がするし。って、けっこう売れちゃったら、それはそれで笑える。

女子の女子による女子のためのアイドル特集。自己プロデュース能力から女子力、発想力、根性などなど、アイドルから私たちが学べることは、ものすごくたくさんあるのです。

アイドルあんまり詳しくない30代・40代女性向けの、入門的な特集で、女性目線の誌面らしく奇をてらったモノはなくスッキリしてる。あくまでアイドルたちの紹介で、現場の有象無象についてはほとんど触れられてない。正しい判断ですね。

使われてる写真はほぼ白ホリで並んでポーズをとってて、逆にこういうのが揃ってるのは珍しいかもしんない。

表紙・インタビューは時流に乗って、Rev. from DVLの橋本環奈ちゃん。リボンのピンクのワンピースがかわいい。僕の記憶の(Chu→Bohの表紙やってた)頃とは違ってそれなりの体躯になってて、確かに「かわいい」けど、どっちかというと「きれい」に近づいてるなあ。そして、Rev. from DVLについては環奈ちゃんがしゃべってる以外は一切触れず。「from」が「form」になってたり、後ろの方にある『アイドルグループ相関図』にすら載せないのは誠実さに欠けて、いただけないね。

モーニング娘。’14、道重さんだけ24歳で、他は全員10代、最年少は14歳なのか。ぜんぜんわかんないや。つんくインタビューはちょっと面白かった。だって聞き手が「職場のアイドルになるためには」とか聞いてて、答えも実に模範的な解答なんだもん。

『女子が好きなアイドルグループ Best 5』には、9nine、乃木坂、℃-ute、BABY METAL、女子流。4つ目は編集の好みなんじゃねえの?って勘ぐっちゃう以外は、実に無難なチョイス。読者層を考慮したら、ここにBiSやでんぱ組、エイベックス勢とかは入れにくいよね。

E-girls、見開き4ページでライブとか紹介。むしろココがこの雑誌には一番しっくり来るんだけど、ほとんど写真の構成で、内容が浅いのはちょっと物足りないかな。

解説とか座談会の記事が続いて、アイドル35組紹介に、チェキの読者プレゼント。ああ、ここだけ見たらアイドル雑誌みたいだ。チェキの応募券、誰かいる?

そしてなんと言っても、48グループとももクロについてはグループ名を除いてまったく触れられてないこと。まさかもう終わってるとかじゃないだろうから、政治的なモノか、経済的なモノか。

益田ミリの漫画『僕の姉ちゃん』は、あー、こういうのを読んで面白いって感じるのがこの雑誌の読者なんだ、ってすごくわかりやすかったんで、買った人は真っ先に読むといいです。P110。

人事ながら心配なのは、こういうの真に受けちゃってライブへ足を運んだりするのがいないだろうなってこと。

僕はこのまえ、某無銭ライブへ行ったときに、路上で開場待ちするヲタの規律の悪さに辟易して、入らずにそのまま帰ったんだけど。そういう「不潔さ」「キモさ」って、これの読者層には最も堪え難い部分だと思うんで、勝手に行って文句言ったりしねえかなと。ジャニヲタとかで免疫があるなら別だけど。

こういう雑誌が特集組んでくるってことは、ブーム終焉もそろそろ本格化って感じですかね。みなさんラストスパートがんばってください。

スポンサーサイト
Permalink | レビュー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top

風の子らんらんはヘアースタイルが斬新な話

連日のアキバ、26日は七緒らんちゃんの新作発売イベントに行ってきた。


天真爛漫 七緒らん Part4 DVD版
| Blu-ray版

前の日までは春みたいな暖かさだったけど、この日の午後からは風が強くて冷たくて、改札出た駅前のとこでは女の子が強風に悲鳴上げてたりしてて、もうすごいの。

んで、別に向かい風が強かったわけじゃないけど、到着はイベント開始時刻から少し過ぎた頃。慌ててチケット取ってから参加する。

目に飛び込んできたらんらんは、ちょっと見たことない感じで新鮮。

楽しみにしてたのは、ブログで募集してた『イベントでやってほしい髪型』の結果。なかなかにユニーク♪



誰かに言われたそのまんまじゃなく、みんなの意見をミックスしたって言うんだけど、それって上手いような、ちょっとズルいような(笑)でもこういうブログ連動の趣向って、知らないで来た人にも疎外感をあんまり感じさせず、それでいて日頃からウォッチしてるファンにはニヤリとするうれしい仕掛けだよね。

ちなみに僕のリクエストしたのも、ちゃんと覚えててくれた。そういうところはソツがないなあ。

ふと、前に部活やめたってブログで言ってたのを思い出して、そんな話をしてみた。今は帰宅部だって。あんまり体育会系キャラでもないし、そういう思い込みで「帰宅部もけっこう似合ってるよね」って言ったら、ありがとうって返されたんだけど、よく考えたらあんまり褒めてないよね。

ちょっと早いバレンタインで、手作りキャラメルを全員に配ってくれた。メッセージカードつき! こういうのがうれしいのです。写真はナシです。メッセージの内容はヒミツです。

コートも着ないで「寒くないですよー!」と、高校生なのに風の子アピールして帰って行ったらんらん。そういうトコは体育会系なのかもとか思った。

…風邪ひかないでよ〜。
Permalink | その他イベント | トラックバック(0) | コメント(0) | page top

メンバー選考と受験とは関係なかった話

ツイッター見てないから、やっぱ情報疎いね。次回のアイマックス撮影会が告知されてた。3月23日とのこと。

モデルは今のところ9名。関東4、関西4、東北1。第一印象はがっかり。…なんか最近いつもがっかりしてるナァ。

受験生だから休みじゃなかったの? あやちゃん、聖良ちゃん、真由ちゃんが今回も欠席。あ、あれか。らんちゃんと小春ちゃんもいないし、4月あたりにひよりちゃんとかも入れてみんなで現女子撮影会やるんだきっと。ならいいや。

(…それいいな…。)

前回出た新人がまたぞろ。前回は空気を入れ換える意味もあっての新人投入かと思ってたんだけど、次の空気は入らなかった。この子たちをピンポイントで売りたいってことかしら。

関東と関西のバランスってのを考えると、すごく妥当なんだよね。まず関西新人3人がいるでしょ。しのちゃんでしょ。そこへ人気順で関西からあさみちゃん、関東かられいちゃんと花恋ちゃん。それでもうだいたい埋まっちゃうわけで。あいちゃんはいい子だけど、あの子の好きな話題は僕あサッパリわからないからナー。

んで、その新人の子たち、3ヶ月たったけどまだあんまり高まってない。杏珠ちゃんにちょっと興味湧いたくらい。『初写』まだ一つも買ってないし。いもくらの『結菜&せりあ撮影ロケムービー』もダウンロードしただけで見てないし。行くならそれまでに見ないとだけど、あんまり興味ないんだよな。ロケ地(ry

新鮮味では、初登場しのちゃん。ちょっとちっちゃすぎる…おしゃべりできないよ…。

スタジオは最寄り駅からたぶん初めてのところ。ぶっちゃけ今一番興味あるのはスタジオだったりする。

さあどうすっか。
Permalink | 雑談 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top

2014年事始め、初詣撮影会の話

2014年のヲタ事始めは13日、ミラクルハウスの初詣撮影会。

『初詣』ってもそんなにかしこまったヤツじゃなく、いつもの「1部・屋外」の途中で近くの神社にも行ってみようっていうふんわりしたもの。でも、事始めが初詣とか楽しそうじゃん? 実は去年の一発目もミラクルハウスで、ただの偶然なんだけど、そういう偶然も大切にしてみようかと。



モデルは加瀬愛ちゃん。エキゾチックなルックスは日本とインドのハーフで、16歳のJK1。年末の『アメトーーク。』でハーフ芸人見たのを思い出して、そういう偶然も大切に(略)

でも中身は全然エキゾチックじゃなーい。最初に神社へ向かったんだけど、その道すがらスタッフさんと楽しそうに話してる声がね。まず声がかわいいの。春の声。外の風は冷たいけど、スプリングハズカム。あと性格も人懐っこくて、ちょっと天然ぽさもあって。

「なんて呼んだらいいですか?」
「友だちは『あいあい』って…(笑)自分でニックネームとか恥ずかしい(照)」



引いたおみくじは「吉」。書いてあるコトもがんばって読むんだけど、文語っぽいのはムリっぽい。

「なにこれわかんない。日本語で書いてくれればいいのに」
「日本語ですw」
「わかんなーいw」

ちなみにハーフっても日本語以外は話せないって。5歳まで海外にいたそうだけど、まー関係ないよね。





芸歴はそんなでもなくて、本人も「ポーズとかあんまり」って言ってたけど、DNAなのか、キマるとこではキマるのね。顔が下向いたり猫背になったりしちゃうんでそこは指摘したけど、ほとんどフリー。

しゃべりすぎたー。他のモデルさんも横でいっしょに撮ってるんだけど、こっちだけ明らかに雰囲気がおかしい。撮影はそこそこに、ずっとしゃべってた。だから遊んでる写真の多いこと。寄り目の写真は最高だったんだけど、本人に載せたら○○すって言われたような気がするー。



最初に行ったのが神社だったでしょ。境内でパシャパシャ撮るのは不謹慎な気がして、あんまり撮らずにしゃべってたの。それをずっと引きずって、そのまんまのペースだった。またか。ちゃんとやれオレ。もちろん、しゃべって楽しい子だからこそなんだけど。




寒い屋外から室内へ戻ってからは、暖かくてリラックス。場所がベッドだったからますますリラックス。あぐらかいてもらったらリラックスしすぎて、足かゆいってポリポリしてたり。オッサンか!





着替えて、窓側のガラステーブルへ。ここは完全に場所選択ミス。向かい合ってイスに座って、またずっとしゃべってたw デート気分かw ダメじゃんw



さすがにこのままじゃマズいと気づいて、途中からは立ったりアングル変えてみたりしてたんだけど、気づくのが遅かったかも。見返すとだいたいいっしょの写真しかないぜ。





この日はスタジオのブレーカーが何度か落ちて、その度に部屋の全照明が消えてた。きゃーって悲鳴が上がったり。でも僕はハプニング大好きだから、咄嗟に「じゃあストロボ焚いてみようか」「(光るおもちゃがあったから)その光で撮ってみようか」とかやってたの。まわりはみんな点くまで待ってんのに「ここだけ普通に撮ってる(笑)」。



いちおう申し込む前に、事務所のプロフィールとかブログとかもざっと目を通すけど、芸歴の短い子に関しては情報なんてあんまりなくて。それでもエイヤッと申し込んじゃう。ある意味博打。でも、その博打が当たって楽しく過ごせたときはよけいにうれしい。

行列のある店で美味しいもの食べたときより、ふらっと立ち寄った店で美味しいもの食べれたときの方がうれしいのといっしょ? 孤独のグルメ的な? 昔っからそういうとこあんだよね。



今回は完全にアタリ。かなり楽しかった。こういう偶然はすごく楽しい。

あいあいは、くだらないコト言っても嫌な顔見せずにとりあえず乗っかってくれて、さっき初めて会った子とは思えないフレンドリーさだった。ホントかわいくって。写真からは絶対想像できない性格。会ってみないとわからんねー。

「ライブ行ったりしないんですか? 今度来てー」
「あー、気が向いたら行きます」
「うわ、絶対来ないパターンだよ…」
「(笑)」

そういうコって好きサ。



次の機会には、もうちょっとちゃんと撮ろうと思います。

※掲載した写真はすべて掲載許可を頂いたものです。転載はご本人と所属事務所様以外はできません。
Permalink | 撮影会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。